アソビコトバ

今横浜FUNEプロジェクトのための合唱曲を作っています。

昨日クルーののりちゃんと一緒に1日がかりで歌詞を仕上げていたのだけれど、行き詰まったので初歩的な言葉遊びをやってみた。
カードにいつ、誰が、何をした。というのをそれぞれ書き、シャッフルするカードゲーム。

で、できたのがコレら。
やっぱ面白いね。

言葉から生まれる新しいイメージ。




のりちゃんはナミに会いたい
高石さんは世界を縫う
リーダーがスタンプを作る
クルーがレジデンスで回す
六川君が不足を描く
参加者が補修を合わせる
大きい人がアートを歩く
小さい人が甲板を並べる
家族が言葉にした美術部
幼児フェチな人がFUNEを切る
金子さんが歌を見つめる
黙々と作業する人が鉛筆刷りを見渡す
不器用な人がエッフェル塔を運ぶ
市民が色紙作りで集まる
都筑区の人がお昼ご飯を眺める
おしゃべりさんがガムテープをやり直す
仲良し親子がワークショップの中のワークショップを作る
40年横浜に住んでいる人が乗りたいFUNEを笑う
たまたま来た人が桟橋を切るだろう
糸屋さんがボンドをもらう
大人が縫い針と話した
子どもがボンド塗りをたたむ
関内の人が竜骨をしまう
協会の人がスクリューを浮かべる
小学生が造船所を考える
兄妹がキャプテンに流される
及川さんが8の字結びで補修する
ノリ屋しかしないあの人も造船所へ行く
歌が大好きなあの人が碇を伝える
バルバスバウのあの人がふ頭で教える
瀬川さん、水張りまた明日
カラフルな人が帆を頼む
名倉さん5cmの板漕いだ
瀬川さんバケツをイメージした
近くの人が日本丸を笑った
歩いて来た人がカーフェリーで歌う
時速300kmのあの人が段ボールと言い合う
バルバスバウのあの人が船体を好きになる
酒好きが交通費を歌った
キャプテンがはさみに尋ねる
ヨソ者が凧糸に会える
猫をひいたあの人、雨、一緒に
幼児フェチな人が補修に向かう
小さい人がアートを詰め替える
家族が甲板で言葉にした大きい人を使う





にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]