すてきな見ちゃダメなもの。

あ、中島佑太は2月12日に24周年を迎えます。
ちなみにね。

d0089386_14443787.jpg


FUNEプロジェクト小学生クルーのYOSHINOちゃんから、
すてきな"何か"をもらいました。
中身は何か分かりません。

見ちゃいけないんだって、誕生日まで。

Y24。
Yokohama
Yuta
Yoshino


楽しみだなあ。
何が描いてあるか、分からない、見えない、ってものすごく想像させられる。
当たり前のことのようだけど、改めてそう思う。

ちょうどこれをもらった日にもみんなと話していたんだけど、
『感動』を伝える意味、ってずっと分からなかった。
けど、アースキャラバンで見た夕日があまりにきれいで感動してしまった時、
最初に顔が浮かんだ人が、感動を伝えたい人だった。
アートとか表現とか、そんな大げさなことではなく、
もっと純粋な「話したい」という思い、「見せたい」という思い。

きっとこのブログも、顔も名前も知らない不特定多数の人が見てはいるけれど、
伝えたいことがあるから、見てほしい人がいるから描いているんだと思う。

話したい、見せたいと思ったら、どうしたら良いのか。
だから「作る」っていう行為があるんだと思う。
ないから、作る。
原始時代からそうだったはず。

お腹がすいたから、ご飯を作る。
木の実ばかりじゃ飽きるから、米を作る。
2人以上人がいたから、言葉を作る。
酒だけだとなんか盛り上がらないから、歌を作る。
見えない何かが見たいから、見えるように何かを作る。
感動を伝えたいから、伝えるための何かを作る。


僕の作りたい作品はまだできていないけど、
頭の片隅にイメージはあるのだよ。
なんか掴みかけて来た気がする。

横浜とか、新潟とか、徳島とか、水戸とか、学校じゃない色んな場所が、その土地の人が色々教えてくれました。どうも。


d0089386_15735100.jpg




にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]