小豆の芽を想像で描いてみよう!

2月23日、横浜市は戸塚でワークショップを行いました。
会場は戸塚公会堂のエントランスホール。その日は横浜市内の小中学生による「エコフォーラム」というエコロジーや自然についての研究発表が行われていて、そこに来る子供達がターゲットのワークショップでした。エントランスホールには、発表を終えた子供達を待ち受けるためのブースがいくつか出ており、中島が参加したのはその中の横浜トリエンナーレサポーターズのブース。

d0089386_1211154.jpg


今回のプログラムは、"記念豆"を配布し、家に持ち帰って育ててもらうワークショップと、育てたことがないから知らないだろう小豆の芽を、想像で描いてみるワークショップの2つ。
記念豆というのは、新潟県は莇平という集落のとあるおばあちゃんからもらった小豆の話からスタートしたプロジェクトで、赤飯にして食べることで、日常の中に潜むめでたさを発見できる、ための小豆。
前回展開していた中島★記念日に対して、記念樹ならぬ記念豆で、記念日つまりは1日1日の意味をデザインしていく赤飯、を炊くための小豆、を記念豆!!と呼ぶことにしました。

配布した中島デザインののし袋
d0089386_11404199.jpg


d0089386_12124530.jpg


今回は横浜トリエンナーレサポーターズの方々が主催していて、多大なるご協力を頂きました。その中でも独自に活動しているグループのみなさんと事前に打ち合わせをして、内容を決めました。ワークショップの内容もワークショップで決める、というやり方はどうかなーと。
素材である障子紙を畑と見立て、小豆を植え、芽が出てくるのを待ってみる、出てきた芽はどんな芽なのか、想像して描いてみよう!に決まりました。

d0089386_12173846.jpg


どんな芽が生えてくるのかなんてことは、インターネットや図鑑を使えばすぐ分かる。でも調べない。自分で育ててみて見つけた発見の方が、図鑑で調べた科学的に正しい結果より正しい。科学的な本当の正解と、自分で見つけた正解と、実はそれらが食い違っているかもしれないけれど、その2つの間を、反復横跳びみたいにあっちに来たりこっちに来たり、たまには飛び越えてみたり、届かなかったり。何が正しいか正しくないかの問題じゃなくて、なぜそうなるのか、考えることが意味だと思う。

今回の会場のテーマになっているエコロジーだってそうだと思う。リユースとかリサイクルをただしてればいいんじゃないと思う。なぜしなければいけないのか考えることが地球にとっても、僕らの生活にとっても重要だと思う。なぜエアコンの温度を1度下げなければいけないのか、割り箸を使いすぎてはいけないのか、マイバッグがなぜ売られているのか、考えなければやっても意味がないと思う。

d0089386_121522100.jpg


本当は会場でお赤飯を食べて、昨日のめでたかったことを想像してみる、っていうプランを出したんだけど、やはり食中毒の問題等があり、断念。
手伝ってくれたスタッフの方々と一緒に裏でこっそり食べました!

d0089386_1216215.jpg

[PR]