藤本君の展覧会です。

今日は同級生の藤本涼君の展覧会に行ってきました。

d0089386_0241318.jpg




藤本君は主に写真や映像を使った作品を制作していて、個人的に彼は藝大の中で数少ない面白いと思える作り手です。
(僕が人を褒めることはほんとに少ない。)

写真の後ろに移っているのは彼の今回の出展作品の1つで『クラフト』というタイトル。
なんだかパルメザンチーズを思い出すが、当然クラフト紙のこと。

クラフト紙のくしゃくしゃになった模様の写真(画像)を別のクラフト紙にプリントアウトするという作品。

彼の作品は見た瞬間の印象がすごく強い。
もちろん出オチというわけではなく、作り方などを聞くとまた面白い。

とにかく彼は視覚操作がうまい。
ミクロとマクロのバランスをコントロールし、人がそれと出会った瞬間をきちんとデザインしているように見えるが、まあきっとしてないだろう(笑)

もう1つは前回行っていた個展の続きだろうか?
個展は行ってないから詳しくは知らないが、「積極的に思案されたブルー」というタイトルの個展で、それに似たタイトルの写真だったが、作り方は面白いと思うのだが、モチーフとかの選択があまりいいとは思えないし、写真としてはあまり良くない。

俺としてはクラフトの印象で会場を埋め尽くす大胆さが見てみたかった気がする。


あとあまりにほめてしまったので一生懸命けなすが、二人展の相方選びが良くないのが残念。
藤本の作品の近くにあったら藤本の作品の印象が悪くなるからやめたほうがいい。



「藤本涼×鬼頭志帆 写真」

◎2006年9月25日(月)〜29日(金)
◎東京藝術大学 音楽学部校舎 大学会館2階展示室 (上野)
◎10:00~19:30(25日は13:00より・29日は19:00まで)  
◎入場無料
[PR]