7月の「みなと、みなと」

宮城県塩竈市で2月に作った伊保石仮設住宅のテーマソング「みなと、みなと」。
"みんなで港"という意味をかけ、塩竈のシンボルである港や故郷の情景を歌った合唱曲です。テーマ設定や作詞を、仮設住宅に住むみなさんと一緒に行いました。

『みなと、みなと』の試聴はこちら→ クラシオで『みなと、みなと』を視聴する

久しぶりに伊保石に行き、一緒に作ったみなさんとお会いし、一緒に歌ってきました!

d0089386_1481061.jpg


2月に作って以来、毎週火曜日に集会所で行われているお茶飲み会で、毎回欠かさず歌って練習してくれているそうです。今回は作曲者である音楽家首藤健太郎くんも一緒に塩竈へ行ってくれたので、仮設のみなさんにとっては貴重なプロの歌唱指導の機会でした!
毎週歌っていてくれているので、音程はバッチリ!2月に比べて、みなさんの声量も上がっているように感じました。2月に作った初回版は、声域が高齢の参加者のみなさんに合わなかったらしく、半音下げた改訂版を首藤君が作ってくれたのもあり、歌いやすくなったのもあると思いますが、あったかくなって気持ちも軽やかに、毎週歌いながらみなさんの歌唱力もアップしたんじゃないかと思います。
おじいちゃんおばあちゃんでも歌いやすいように、スローテンポな曲を意識して作ったのですが、普段あまり歌を歌わない人たちで、ましてご高齢で音域も限られているということまで、なかなか高くて音が出ない、ということまでなかなか僕らも気がつきませんでした。歌は歌ってもらって初めて歌になります。前回のブログでも書いたように、作ることは伝えるためにある。

はじめは伊保石仮設住宅のテーマソングをつくろう!っていう主旨だったけど、入居者のみなさんが、「ふるさと塩竈」をテーマに作りたいというアイデアを出して下さり、今ではビルドフルーガス高田さんの協力により、塩竈市の各地で歌ってもらえるように、伝え始めている。
震災時にも活躍した塩竈のコミュニティーラジオ「ベイFM」でも流してもらったりとか、うまく行けば来年度は小学校に合唱の授業でお邪魔できるかもしれなかったりとか。

d0089386_14883.jpg


入居者のみなさんには、僕と首藤の漫才風トークのウケがいいらしい。作曲ワークショップコンビじゃなくて、お笑いコンビってことにしようかしら。

やっぱ当たり前のことだけど、曲ができる前と後では、みなさんとの関係性が全然違う。
関係性から作品を作っていく、っていうのがベースだと思っていたけど、作品制作を通して関係性を見ていくって方が難しいし重要なのかも。

d0089386_148466.jpg


あまり意識もしていなかったけれど、2月は記念撮影をしなかった。
ドタバターっと作ってバーッと帰る、みたいなスケジュールだったし、なんか忘れてた。こういう写真があると、ただの記録じゃなくて、記憶になっていく気がする。
仮設住宅の集会所に、2月のワークショップの記録写真をプリントして、アルバムにはさんでみんなが見れるように贈呈しました。被災者として写真や映像は散々取られるけど、それがどうなったのかは、やはりあまり見たことがないということだった。送ったアルバムをさっそく楽しそうに見てくれていて、良かった。7月のワークショップの様子も、アルバムにして送ります。
振り返りの方法についても、自分なりに色々試しています。


今回のワークショップの様子をfacebookにアップしてます。よかったらこちらも合わせてご覧下さい。

7月のアルバム

twitter
facebook

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]