報告展+トーク版!でんでん虫と羅針盤のお知らせ!

《報告展+トーク版!でんでん虫と羅針盤》

d0089386_1171587.jpg



被災地支援活動から交流型地域活動へ

1日限定イベント《報告展+トーク版!でんでん虫と羅針盤》を前橋にて開催します。アートスペース・ビルドフルーガス(代表・高田彩/宮城県塩竈市)のコレクション作品約50点を、津波被害から守るために前橋で預かり1年が経ち、作品を返還します。返しちゃう前に、せっかくなのでみなさんに作品をご紹介します!
 また、現代芸術家・中島佑太が、高田さんらと連携し行ってきた東日本大震災の被災地支援活動を振り返るドキュメント展示も同時開催します。東日本大震災の被災地には、群馬にいては分からない状況やニーズがあり、多様な支援活動が多数行われました。震災から1年以上が経ってその記憶が薄れかけて来た今、もう一度その記録を振り返ります。今回の展示を通じて、芸術文化の必要性と社会的意義を考えて頂ければ幸いです。


〇開催概要
終了しました。ご来場ありがとうございました。
日時=2012年5月26日(土)11:00~19:00
会場=ミニギャラリー千代田 (前橋市千代田町二丁目8-12)
入場=無料
主催=任意団体出来事のホームセンター(代表/中島佑太)
内容=
・ビルド・フルーガスのコレクション作品(前橋では未公開の作品を数点)
・飛びだすビルド!のワークショップ
(リボーン文具、ノートブックの制作、二市三町内仮設住宅でのコミュニティー支援、ガマロック参加など)
・被災地へ思いを運び、避難所をほんの少しだけ明るくする『はこび』
・伊保石仮設住宅テーマソング『みなと、みなと』
など。

WEB= http://d.hatena.ne.jp/hogohogo/

〇トーク!被災地支援活動から交流型地域活動へ
関連イベントとして、塩竈から高田さん達をお招きし、活動を振り返るトークセッションを行います!その中で、前橋と塩竈で交流しながら制作を進めている日傘も発表します。
第1部では、塩竈市から高田彩さん達をお招きし、被災地支援活動を振り返るトークイベントを開催します。高田さん達が地元に密着しながら行ってきた避難所・仮設住宅でのワークショップなどを紹介します。
第2部では、前橋と塩竈の交流を通して新たに生まれた活動を紹介します。現在、弁天通りにある洋傘セキネさんとビルドフルーガスがコラボレーションして大漁旗生地の日傘を開発中!また、前橋〇〇部をゲストにお迎えしお互いの地域活動を紹介し合います。地域での活動同士が交流しながら新しい創造性を作り出す可能性を参加者とともに考えていきます。


日時=2012年5月26日(土)17:30~19:00
会場=ミニギャラリー千代田
入場=無料
パネリスト=高田彩、篠塚慶介(デザイナー/塩竈市在住)、藤澤陽(前橋〇〇部 部長)中島佑太、ほか。

また、今回のチラシはご自宅でプリントアウトして頂きますと、お手持ちのポケットティッシュ用チラシとしてお使い頂けるサイズになっております。ぜひお気軽に駅などでお配り頂ければ幸いです。


さらに前橋市内で同日開催されているイベント情報!
ぜひ合わせてご覧下さい。

《YUKI ONO YUKI EXHIBITION》
日程=5/19(SAT),20(SUN),25(FRI),26(SAT),27(SUN)
時間=12:30-17:30
会場=前橋文化服装専門学校アートスペース(旧前橋文化研究所)

《ぷろじぇくと ふくしま上映》
5月27日に前橋で「ぷろじぇくと ふくしま」の上映会をやります。ちらし等はつくっていません。こうしてネットで呼びかけるだけです。 場所は前橋弁天通り商店街のなかにある 大蓮寺 の2階本堂。 14:30から入場できます。15時上映。ひとり500円。 おつりの用意がないので、ワンコイン、あるいは2人で払ってください。なお収益はぷろじぇくと ふくしま実行委員会にわたされます。
 http://www.pj-fukusima/ をみてください。
(白川昌生氏フェイスブック投稿より引用、原文ママ)


twitterを始めました!

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]