観月記(かんがっき)ー月を見上げる

d0089386_14303963.jpg


観月記(かんがっき)ー月を見上げる

artist
中島 佑太
NAKAJIMA Yuta

音源編集
處 美野
TOKORO Mino

media
ラジオ放送局、月にまつわる話
Radio Station, Story about the Moon, Workshop

size
可変
variable

note
美術館プレイベントvol.14 平成23年度前橋市収蔵美術展 コレクション+「つながる、つたえる」
http://www.artsmaebashi.jp/node/34

会場=臨江閣(前橋市重要文化財)
期間=2011年11月3日~23日


スペシャルサンクス
収録にご協力頂いたみなさま
木戸真梨乃



観月記(かんがっき)は、各地の人達から集めた月にまつわる他愛のない話を、ラジオ放送するプロジェクトです。月は今も昔も変わらずに浮かんでいますが、私たちの社会は目まぐるしく変わっていきます。どんなに社会が変わっても、月そのものの姿や形は変わりませんが、社会や環境の変化によって、月を見る私たちの気持ちや考え方は変わっていきます。
月の光のようにぼんやりとした私たちの日常会話は、変わっていくのでしょうか?
3月11日の震災以後、私たちの生活から失われたものの1つが日常会話でした。その中で行われた東京電力福島第一原発事故を受けた計画停電、その夜に僕らは大きく前橋の上に浮かぶ満月を見ました。その満月はとても美しかった。しかし、その美しさを際立てた街の暗さは、違和感が作り出した暗さでした。
僕らが取り戻そうとした日常の中には、戻ってはいけない生活とこれから進むべき社会があったように思います。
でも僕には社会が進むべき道を示すこともできない。僕にできることは多元化した参加を作ることくらいしかないと思う。

(テキスト編集中)

d0089386_13441794.jpg


ラジカセから流れる音を見上げる。

d0089386_21301869.jpg


臨江閣の備品の机を積み上げてPPバンドで固定し、ラジカセを持ち上げる。

d0089386_2133054.jpg


同じく備品の展示ケースにコピー用紙を張りつめ、オンエアランプにする。
奥は畳をはがして積み直し、机と椅子に。

そこにあるものだけで、展示に必要なものと場を作っていくことと、展示作業自体に"いつでも誰でも参加できる"ように、または、展示を見た人が"自分でもできる"ような作り方をデモンストレーションする。

d0089386_1344447.jpg


リスナーからのお葉書を投稿するスタイルを模したワークショップコーナーを設置。月にまつわる3つのお題に答えるワークショップ。

・月のゆるキャラデザインコンテスト
・月にまつわる詩を書く
・携帯電話の予測変換を使って月から始まる文章を作る


d0089386_13454490.jpg


月のゆるキャラデザインコンテストグランプリ!

・評価のポイント
中に2人入らなければ成立しないデザインが良い。さらに月だけではなく、山との組み合わせが月の美しさを引き立たせるという美的感覚をキャラクター化するという発想がユニーク!


d0089386_1350553.jpg


臨江閣ビフォア


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]