日比野克彦ワークショップのお知らせ!!

修了致しました。ご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。

mixiやら色んなところで、twitterを始めてからブログを書かなくなってしまったという書き込みが見受けられますが、まさに僕もその1人。

宣伝ですが、近況報告を兼ねてアップ致します。


担当しております日比野克彦のワークショップのお知らせです。
南アフリカ共和国でのワールドカップ開催で盛り上がる今日この頃にふさわしい『サッカーとアートの融合』したマッチフラッグプロジェクトが3331 Arts Chiyodaを皮切りにスタートします。

※材料にいらなくなった古着を使用します!提供して下さる方、ぜひご連絡下さい!(赤、青、白、緑、黄、黒)

○●MATCH FLAG PROJECT in 3331○●

d0089386_14524081.jpg


日時:4月3日(土)、4月4日(日)13:00~17:00

会場:3331 Arts Chiyoda B1F B104

参加費:無料 ※いらなくなった古着をお持ち下さい。

主催:MATCH FLAG PROJECT実行委員会
プロジェクトリーダー:日比野克彦
協力:3331 Arts Chiyoda
HP:http://www.3331.jp/schedule/000022.html


○マッチフラッグとは一枚の布のうえに、試合で対戦する2つの国のナショナルカラーを用いて作る旗のことです。ピッチ上でボールを通じて交流する選手たちのように、布の上で両国のナショナルカラーが交流します。「サッカーとアートを融合させよう」と日比野克彦が考案し、各地でワークショップを行っています。

○MATCH FLAG 3つの願い

1 ここに友がいる誇り。
2 海の向こうに友がいるトキメキ。
3 二つの友が出会い、生まれる力。


サッカーとは地域の文化や思考性が身体表現としてあらわれる時空間である。
かつて人類が誕生したアフリカ大陸で、2010年、ワールドカップが初めて開催される。
文化とは、異なった文化や思考性が出会ったときに高められる。南アフリカで開催されるワールドカップは、人類がより新しい文化を創造し、発見する場になるであろう。
スポーツとアートはいずれもイマジネーションを表現する方法である。
ワールドカップ南アフリカ大会に向けたMATCH FLAG PROJECTでは、サッカーとアートを繋ぎ、異なる文化同士を出会わせる時空間を作り出す。

日比野 克彦

○いらなくなった古着をお持ち下さい!
今回のフラッグの材料には、参加されるみなさんに持ち寄っていただく古着を使用します。これまで身につけてきた衣類や生活で身近にあった布を、マッチフラッグとして生まれ変わらせます。想いのこもった布で出来たフラッグは、南アフリカの地で世界の人々とつながって大きな想いになると考えています。
日本がW杯で対戦するカメルーン、デンマーク、オランダの3カ国の国旗と、日本国旗それぞれの色を使いマッチフラッグを作ります。
赤、青、白、緑、黄、黒(文字用)の古着をぜひお持ち下さい。
※全色揃っていなくても参加は可能です。

○完成したマッチフラッグは、日比野によってW杯会場に掲げられます。
2010 FIFA WORLD CUP SOUTH AFRICA /GroupE
日本代表/SAMURAI BLUE試合日程・会場(日時は現地時間)
6月14日(月) 16:30- マンガウング/ブルームフォンテーン 日本VSカメルーン
6月19日(土) 13:30- ダーバン  日本VSオランダ
6月24日(木) 20:30- ルステンブルク 日本VSデンマーク 

お申し込み方法
ご氏名、参加希望日(両日可)、参加人数、ご連絡先を明記の上、メールまたはFAXにてお申し込み下さい。
MAIL:info@3331.jp(担当:中島)
FAX:03-6803-2442
お問い合わせ:03-6803-2441
※当日の飛び込み参加も歓迎します。


みなさんとワークショップの場でお会いできることを楽しみにしております。
お待ちしております。


twitterを始めました!

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

どうもクリックしてもらうものらしい!
[PR]