<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

台宿ポット
http://blog.livedoor.jp/ds_pot/

ロゴマークのデザインをしました。

d0089386_11241910.jpg


d0089386_11245545.jpg


2種類を提案して、なぜか2種類通ってしまった(笑)
その緩さも懐の広さも台宿ポットの作る場ですかね。

台宿ポット、次に出来上がる作品が楽しみな場です。
[PR]
d0089386_11324925.jpg


現在アースキャラバン2008に参加中です。
http://www.earthcaravan.org

このプロジェクトに関することは僕のブログでは公開できないことになってますので、ブログの更新があまり出来ないと思います。
とりあえず参加の報告まで。

アースキャラバンの活動については上記ホームページをぜひご覧下さい。
(僕はブラウザの関係で見れませんでした。safariもIEもダメでした。)

でもなんかネタを見つけて更新して行こうと思いますので、気長にお待ち下さい。

※写真とアースキャラバンは関係ありません
[PR]
d0089386_9343618.jpg


祖父・山田五郎が去る5月21日に永眠致しました。
享年89歳

心よりご冥福をお祈りします。
[PR]
日曜日はいよいよワークショップです。
今回は川地あや香×中島佑太という新レーベル!でのワークショップです。
食べ物とアートの場をテーマにした、タイ焼きの型の原型を油粘土でつくるという内容です。

d0089386_23224043.jpg

午前中は土曜日もキッチンをお借りした宝光寺さんをまたまたお借りして、おやつと見本用のタイ焼きを作りました。
食べ物って出来上がって行く様子が面白い。いつも写真を撮ってしまうのは、ボウルには入っている状態が多い気がする。

d0089386_23253336.jpg

日比野さんの甥っ子のゆうじと、岐阜市在住で悩み多き元受験生の今井さん、土曜日のパーティーでおいしい京風お雑煮を作ってくれたあむちゃんが、タイ焼きを焼いてくれました。

(ワークショップ中の写真撮影全て藤井昌美)

d0089386_23283428.jpg


今回のワークショップは予想以上に人が集まってしまった。
本当はこじんまりやろうと思ってたんだけど、これが東海地方の荒さ・大味。
この勢いには乗っからないわけにはいかないと、弱気をあきらめて成り行きと運に任せることに。

d0089386_23303472.jpg


藤井さんが撮ってくれる写真には斜めなカットが多い。
藤井さんはなんと写真新世紀やひとつぼ展に入賞しているプロのカメラマンさん。
ギャラ無しむしろちゃんとしたオファーなしで、当日そこにいるから、くらいな理由で写真をお願いしてしまったにも関わらず、快く引き受けて下さいました。しかも土曜日のパーティーに、紅白餅をついてきてくれました!!すごすぎる!おめでたい!!
(ちなみに本当はもっとかっこいい写真もいっぱいあるんだけど、ブログの性質を考えた上でのセレクトになってます。)

d0089386_23335975.jpg

使った粘土は、今回キュレーター兼アーティストとして参加している佐部利(さぶり)さんセレクトのもの。学校の先生をやっていただけあって、子どものことを考えて、木目の細かさや臭いなどで選ばれた油粘土です。

d0089386_23352126.jpg


ゆうじのものつくりはもう申し分ない、タイ焼き作りはお手のもの!?

タイ焼きの型作りって、ものすごく難しい。タイ焼きを作る時に流し込む生地の性質と、型の金属の関係まで考えて形を作らなければいけない。だから子ども達が作った形によっては、タイ焼きがうまく焼けなかったりする可能性があるのだ。
なので、必然的に要求が細かく、そしてハイレベルになってしまう。
今回集まった子ども達は、地元の幼稚園の子ども達だったのでどうしてもこのハイレベルな要求に無理が出てしまった。お母さん達の手を借りて、なんとか作っていくが、お母さん達にも難しかったようだ。というか、説明するのが結構大変で、子どもに話していいのか、大人に話せばいいのか、言葉選びにまずつまずいて、さらに自分もタイ焼きの型なんて作ったことがないので、経験値からものを言えるわけでもなかったのである。
でも、この壁はなんとか越えてもらわねば困る!ので、一生懸命説明したつもりです。

d0089386_23474514.jpg


僕の心配をよそに、分かってるのか分かってないのか、子ども達も大人達も熱中してくれました。子どもは集中力は短いけど、熱中する時はものすごい集中力だ。
こうゆうふうに熱中して楽しんでくれたらやった甲斐がある。

d0089386_2351482.jpg


どんどんタイ焼きが出来て行く。たまにタイ焼きじゃないのが紛れ込むみたいだけど、それはまあご愛嬌ということで。

d0089386_23553211.jpg


最初のイメージはまさにこんな感じだった。

d0089386_23561113.jpg


でも大味東海はこんなこじんまりなイメージを許してはくれず、ものすごい量になってしまったタイ焼き君達は、これだと収まらないので、古い桶に並べてみることにした。
けどそれでも足らない!

d0089386_013856.jpg


なので桶から飛び出してどこか行っちゃう、っていうストーリーにしてみる。
けどなんか今いちなので、結局縁にくっ付けてみた。

d0089386_025980.jpg


まあ後で再構成するってことにして、今日はとりあえずここまで。
またこれが本当にたい焼き器になった時に、また会いましょう!
d0089386_14117.jpg


しかし、ものすごい人数だ。
[PR]
一宮つくる。滞在4日目はいよいよ本番(?)です。
記念豆祝祝堂—祝!つくる。オープニング記念ワークショップパーティーの開幕!

■今日のメニュー
お赤飯
d0089386_927379.jpg

前回ちょっとしたハプニングで餅米7合で失敗したけど、今回は無事成功。
やっぱ米を入れるとうまく行くし、もちもち過ぎなくて良い。
今回は餅米4合に米3合


(以下の写真全て撮影:藤井昌美)
めでタイ風カレー
d0089386_9282369.jpg

つくる。の近くにある宝光寺さんの調理場をお借りして、全ての料理を作らせて頂きました。
この場にて改めて御礼申し上げます。
駐車場も宝光寺さんや商工会に借りていたり、ほんと地域の結束力が引き出されて行く。
合掌


タイ米お赤飯
d0089386_10134988.jpg

タイカレー用にタイ米でお赤飯を炊いてみました。
小豆の煮汁は使わず、食紅で色をつけ、小豆を少々。これがなかなかうまい!


めでタイ焼き
d0089386_10153684.jpg

奇跡的に発掘された岐阜市津川家のタイ焼き型によるタイ焼き。



乾杯は「おめでとうございます!」
d0089386_1017852.jpg


d0089386_10172826.jpg


出席者には、お一人様一品おめでたい食べ物と飲み物を持ってきてもらいました。
中島デザインののしのついていないのし紙を付け、陳列。お供え物と呼ばれました。
d0089386_10175190.jpg



ワークショップパーティーというのは、お赤飯を食べたり、おめでとう!といいながら乾杯しているからには、今日めでたいことがあったのだろうと、聞き回り、紙に書いてもらうというもの。
d0089386_10203790.jpg


めでたいことなんて、そうそう滅多にあるものではない。でも、ちょっとした今日の出来事を、おめでたいと言ってしまうことで、今日がもしかしたら特別な日であるかもしれないという想像が生まれてくるのではないだろうか。
[PR]
3日目にして、やっと制作に取りかかりました。
僕はほんとに1人だと何もしない。

何もしてなくても、とりあえず、毎日ランチは、味噌カツ!
d0089386_0385040.jpg


食べ物を口にして、排泄するまで2〜3日かかるらしい。つまり滞在3日目の僕の体の中身は、こっちの食べ物になった。と同時に少しここに慣れてきた。


というところで、制作を開始できる。やっぱ自分の場所でないと、体が動かない。
やっとココが自分の場所になりつつあるようだ。

d0089386_0401776.jpg


d0089386_0431598.jpg


今日もやっぱり地域の力がものすごい。
これが欲しい!と思ったその日に届く。
d0089386_0445782.jpg


溺れそうな程、なんでも揃う。
d0089386_0461880.jpg

たい焼き器までもがそろうとは思っていなかった!!
ましてやこのデザインたるや!

しかも裏面を見ると、お好み焼きもお薦めしているが、出来上がるものは「おもしろいもの」らしい。
d0089386_0545857.jpg



そしていつの間にか、夏が来ていた。

d0089386_0561619.jpg

[PR]
愛知県一宮市「つくる。」滞在2日目。

とにかく地域の力がすごい。

d0089386_2139231.jpg


なんでも出てくる!
三輪自転車に続き、古い桶、お膳、テレビ、ビデオカメラ。
全て用意して頂きました。
本当にありがたい。

そして何より問題だった調理場を、近くのお寺さんに借りることになりました!
地域の力、地元の結束力があっての恩恵。
そしてまたこれをきっかけにして、強まって、何か新しい何かになっていく。



ちなみに展示場所は玄関にしてみようと思います。
d0089386_2141078.jpg


パーティーもココでやります。
ワークショップもココで!?
[PR]
いよいよ関東を離れ、今は愛知県一宮市に来ました。
庭師古川氏が買い上げた古い民家を使ったアートプロジェクトに参加します。
来週まで岐阜に滞在しながら制作し、再来週からはアースキャラバンに合流。

朝5:30に名古屋に到着。JRで木曽川駅へ。
そこで庭師古川さん(親方)と卒制でお世話になった岐阜の津川さん(よっちゃん)に迎えに来てもらいました。

親方が買い上げたふるい民家は、「つくる。」と呼ばれていて、元繊維工場付きのむちゃくちゃ広い家でした。廃墟だったものをとてもきれいに整備してあって、いい雰囲気。

そんでもちろん、朝食はモーニング。
d0089386_1242946.jpg

近くのカフェは、最強の炭水化物祭り。
右の炭水化物祭りプレートはバナナジュースに付いてきたサービス品です。

1日目は津川さんに案内してもらって、岐阜〜各務ケ原へホームセンターやスーパーなどを下見。
途中見えた金華山。
金華山という名の由来は、この時期から山が金色になり始めるからだとか。
d0089386_1203643.jpg



そんで結局東京に置いてきた三輪自転車をこっちで探すことにしたんだけど、奇跡が起きまして、心当たりを訪ねたお一人目の方が、なんと下さりまして、到着後1時間で見つかりました。
さすが東海地方。
モーニングのサービスといい、買い上げた民家でプロジェクトをやろうとするところといい、相変わらずの大技続きです。
d0089386_1264591.jpg


夜は歓迎会を開いて頂きました!
d0089386_12134337.jpg



というわけで、この岐阜と言えばいいのか愛知と言っていいのか分からないこの「つくる。」で記念豆祝祝堂本店という作品をつくろうと思っています。

ではまた



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つくる。 first contact

|2008.6.7(sat)—7.6(sun)
|愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5-2
|0586-82-6582
[PR]
活動のお知らせです。

ぜひお越し下さい。



中島佑太記念豆プロジェクト!!ワークショップ
『記念に畑を編む!!』

内容:ZAIMに記念豆の畑を、編む!!
使う素材は工作用紙、ボール紙、廃材(ボール紙等で出来ているお菓子や薬などの箱)です。

どんな記念の畑になるでしょうか。


日時:5月4日13:00〜16:00
会場:ZAIM別館307号
↓アクセス(JR「関内駅」徒歩5分、地下鉄「日本大通り駅」徒歩2分)
http://za-im.jp/php/modules/info/rewrite/tc_7.html

参加:無料


できたら以下のものをお持ち下さい。持っているものでかまいません。一応こちらでも用意はしてあります。

廃材など(ボール紙等で出来ているお菓子やケーキ、おもちゃ、薬などの箱)、余っている工作用紙やボール紙など。
カッター、はさみ、カッターマット、ノリ、セロテープまたはマスキングテープ、ホチキス


とにかく材料が足りません!
もし少しでもお時間がある方は材料のお持ち寄りだけでも願いたいです!!


お問い合わせ:NPO法人横浜シティアートプロモーション(YCAP)
070−5463−0441(原)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●NPO法人横浜シティアートプロモーション(YCAP)とは、
原も理事をしている「NPO法人横浜シティアートプロモーショ(YCAP)」は、
横浜トリエンナーレ2005の終了後に、横浜トリエンナーレサポーターの活動の継続と
その活動拠点となるZAIMの維持を目的に設立されたNPO法人です。
「トリエンナーレからシティアートへ」をテーマに、創造界隈拠点となった
ZAIMの入居アーティストや市内外のさまざまなアート活動との連携も進めてきました。
文化庁「平成19年度文化ボランティア推進モデル事業」なども受託しています。
[PR]