<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

事前審査も終わり、あとは本展に向けて、卒業制作に打ち込むだけです。
と言ってもだけではなく、卒展の運営は学生が行っているので、中島は会場構成を担当します。

さらに卒展よりも前にちょっと変わった展覧会もあります。
A4の紙1枚で表現する、ニューヨーク大学との交流展。

それから来年行われるワークショップの企画も考えてます。
こっちの方が先ですね。

んで、今日はこれから卒展のリーダー会議。
報告することは、あまりない。


以下卒展詳細です。
おいでやす!

      project the projectors 2008
      東京藝術大学美術学部
      先端芸術表現科卒業制作展
会期   :2008年1月19日(土)?1月27日(日) 会期中無休
開館時間 :11:30ー19:00(最終日は17:00まで)
料金   :無料
会場   :BankART Studio NYK
      神奈川県横浜市中区海岸通3-9
      横浜みなとみらい線「馬車道駅」
      6出口[万国橋口]より徒歩4分
企画・運営:東京芸術大学美術学部先端芸術表現科
      project the projectors 2008実行委員会
協力   :株式会社ダイケン BankART1929

URL:http://www.ptp2008.net
お問い合わせ:MAIL:info@ptp2008.net TEL:090-6024-5371(代表)


 本展覧会は、東京芸術大学美術学部先端芸術表現科の学部6期生34名による卒業制作展です。
 これは毎年2月下旬に本学上野校地で開催される、東京芸術大学美術学部卒業・修了作品展に先駆けて、先端芸術表現科学部生が単独で開催する作品展です。上野校地での作品展とは異なり、作品制作と並行して、企画・運営をも含んだ展覧会全体を、学生たち自身が作り上げています。
 先端芸術表現科は、今年度創立120周年を迎えた東京芸術大学美術学部の中で、来年度設立10周年を迎えようとしている最も若い学科です。特定の表現媒体に捕われず、様々な素材や方法、領域を横断した表現を学ぶことを主眼としています。そのため、本展に出展する学生の作品も、一見するとひとつの科における作品展とは思われないような、多岐に渡る媒体を活用した表現形態となります。
 本展覧会において、34名の学生が、写真や絵画、映像やコンピュータを使った表現、身体を用いたパフォーマンス、また空間そのものを表現の対象として扱うインスタレーションなど、多岐にわたる表現媒体による作品を、4年間の研鑽の集大成として発表します。
 今年度は横浜を会場とし、完結した作品の発表のみにとどまらず、34名の学生が会場を訪れる人との関わりまで含めて、横浜という“場”に挑みます。
 是非、ご覧下さい。
[PR]
今回の卒業制作巡業は、無事(??)に終了しました。
ご心配下さった方、応援して下さった方、参加して下さった方に、
改めて御礼申し上げます。

ただ今来週から始まる事前審査会という卒制第2審査に向け準備中です。
[PR]
取手に置きっぱなしの作品達は今、無事でしょうか?
やりっ放しで京都まで来てしまった。

d0089386_14434292.jpg


d0089386_1443567.jpg


d0089386_14441169.jpg


d0089386_1444265.jpg

[PR]
d0089386_1439566.jpg


d0089386_14392641.jpg


念願の京都☆議定書がついに…!!!!

京都の滞在を終え、これから岐阜へ!


おまけ
ロケ地:京都市立芸術大学

d0089386_14411145.jpg


d0089386_14412733.jpg

[PR]
11月3日文化の日のコジマラジオ中島★記念日の放送に始まり、

d0089386_14195598.jpg


翌朝、

d0089386_14202432.jpg


淡路島を通過。

一路徳島県へ、岐阜のよっちゃんを引き連れて。

d0089386_14211169.jpg


傍示の父と母に会い、

d0089386_1422224.jpg


群馬ナンバー一台の旅は、

d0089386_14223670.jpg


現在京都。
[PR]
11月3日文化の日

今日は数多くのゲストをお迎えして、
アニメオタク文化から恋愛文化、芸術文化まで、幅広い文化についてお話ししました。

ゲストはかわいい女の子、がいっぱい。
みんなの恋愛経験を赤裸々に。
なんて。

d0089386_19491435.jpg


d0089386_19512782.jpg


11月3日にちなんで、
「トッ♡トさん★記念日」
になりました。

8割が飛び入り参加で、波瀾万丈の番組でした。
みんな話題が盛り上がったところで、入ってくるので、
今イチ踏み込めない内容ばかりだったとか。



コジマラジオ
http://yaplog.jp/kojimaradio/
[PR]