<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

中村政人の運営するコマンドNが主催の今回のヒビノカップ。
晴天に恵まれながら千代田区の旧錬成中学校にて行われた。

午前中は集まった参加者を5人1チームに分けてチームのユニフォームとゴール、ボールをそれぞれ制作。
d0089386_20311196.jpg


まずはユニフォームの背中から。
背番号と名前を入れます。今までローマ字で書くものだと思っていたんだれども、漢字でフルネームを入れている子がいた。まだ小学校に上がっていない子だったので、ローマ字が書けないんだろうけど、ちょっと常識を破られた感じ。でもよく漢字が書けるなー。

d0089386_20344847.jpg


ヒビノカップでは毎度おなじみ、ユニフォーム前面の胸のところにはスポンサー名を入れる。
僕のチームは任天堂。任天堂をスポンサーにするチームは毎回いる。やっぱり子供に人気があります。でも今任天堂は花札の会社でも、ゲームボーイの会社でもない、“DS”の会社なんですよね、今の子供にとっては。

d0089386_20374418.jpg


そしてダンボールでゴールを作る。
うちのチームはとても元気がよく、全く意見がまとまらない。でもとりあえず手を動かす子供達で、勝手に作り始めたゴールは、ちょっと切っただけの四角いダンボールを3枚使って繋ぎ合わせた“コ”の字型のゴール。僕が見てきたヒビノカップ史上最もシンプルな構造のゴールになった。(まるでインテリアデザイン史におけるバウハウスの登場のような。)
あまりにシンプルだったので絵を描いた。

d0089386_20475331.jpg


あまり開いてしまうと簡単にゴールしてしまうという意見がチーム内で殺到し、ひもで開かないようにし、絵を描く延長で「入りづらいゴール」という説明を描きまくる。
今回の様に大人と子供で一緒にやるワークショップでは、“子供のアイデア”と“大人のアイデア”が出てくるんだけど、これは大人の意見。

d0089386_20513236.jpg


うちのチームのボール。金のキノコボール。
任天堂ということで、マリオに出てくるキノコがユニフォームのトータルアイデンティティーモチーフになり、ゴールにも描かれた。ボールは子供達の反対を押し切り大人のアイデアでキノコに。
今回は土地柄なのかは定かではないが、球体のボールではない形をしたボールがうちのチームを含めて2チームしかなかった。みんなとにかくサッカーがしたいらしい。千代田区にはサッカーチームが1つしかないらしく、みんなサッカーがしたくてもできないので、今回はとにかくみんなサッカーがしたかったらしい。欲求がストレートにボールに表れた。
ちなみにもう1つのチームは火の玉ボール。(火の玉と言っていたのは制作者だけで、結局タコボールと呼ばれることになった。)制作者はスタッフの藝大生、ヒビノカップの経験者なので、結局その場では異例の球形ではないボールは全て大人のアイデアによるものということになった。それをちょっと残念と思ってしまうこと自体もきっと大人的。そしてアーティストの悪いところな気がする。千代田区には千代田区のスタイルがあるということも受け止めて面白さと捉えていかなければいけないのだろうと思う。

d0089386_21293581.jpg


そして日比野克彦、開会式。

d0089386_21302583.jpg


金のキノコボールでシュート練習。
これがなっかなかまっすぐは飛んでくれない。もちろんそれは狙い。

d0089386_21313281.jpg


試合の様子。審判をしているのは中村政人氏(オレンジのビプス)。
キノコボールは結局得点に絡むことはなかった。けりづらいし、ドリブルしづらい。
両チームの得点は全て相手チームの球形のボールによる。
金のキノコボールは自分も得点できない代わりに、相手もゴールできないので、勝負は後半の相手チームのボールの時。
ヒビノカップのルールは前半と後半でボールを替える。
そしてゴールの位置も変える。
普通サッカーではゴールはグランドの両端にあるものだが、ゴールの位置は自分たちで決めて良い。だからグランドの真ん中にあることも可。
そこがミソなのだ。

d0089386_21403516.jpg


最終的にうちのチームのゴールはこうなった。運ぶのが大変なのでグニャグニャになる。素材がダンボールであることの面白みは、強度が弱く、試合をこなす毎に色々変化してゆくこと。

そして前半後半で、このゴールを立てるか、寝かすかで使い分ける。
当然キノコボールの時はゴールを立てておく。そしてゴールをグランドのコーナーに置き、コの字の空いている辺の側を、グランドの外に向けておく。そうするとどちらにしても入らないボールなので相手チームは無得点になる。
後半、相手チーム制作の球形のボールの時は、ゴールを寝かし、3方向からのアプローチで得点が可能なようにし、グランドの真ん中にゴールを置く。そうするとグランドの真ん中を通過するだけで得点が可能になる。そして相手チームは自分が得点するためにドリブルをするとオウンゴールをしてしまうように作戦を立てたが、それは失敗した。

d0089386_10174848.jpg


岐阜のヒビノカップに比べるとちょっと少ない。
というか俺が日比野さんの近くに写っちゃダメだろ。

d0089386_10185884.jpg


うちのチーム。
チーム名は『キノコレッドダイヤモンズ』
左から、けんと、たつのり、広大、優ちゃん、ひで。
成績は1勝1敗1引き分けでBリーグ3位。無念。
勝ったのは最後の試合。とにかく彼らは純粋で、相手チームの勝つための駆け引きに「ずるい!」とアピールしている間に同点ゴールを決められてしまう様な、ちょっと勝負師には向いていない子供達で、最後の試合どうしても勝たせてあげたくて、ヒビノカップのルール、前半と後半でゴールの位置を変えても良い、というルールに乗っ取り、上記の勝つための作戦を伝授。それが決して卑怯ではないこと、ルール違反ではないこと、勝負に勝つということ、を教えたかった。
これから先彼らが生きていく上で、いつか直面するであろう様々な困難な場面を乗り越えるために、逃げるのではなく、ルール違反でそれを乗り越えるのはなく、暴力を使うのではなく、例えばルールを違う視点で読み解くこと、考え方は1つではないことを、僕のチームになった5人への愛として、それを教えたかった。なんて少し大げさだけど、とにかく勝つためには、相手には得点が不可能に近いゴールを与え、自分たちには3方向からゴールが可能で、相手のオウンゴールも誘える作戦を立てる、それが前半と後半でゴールの位置を変えても良いというルールの中でしか行われていなくて、ただゴールを横にするだけでそれができるという考え方を提示した。

そしてマンスポーツと言われているサッカー。当然当たりの強いこの手のスポーツは体の大きな成人男性が有利。そんな中ヒビノカップは、老若男女、とまでは行かないが大人も子供も女性も男性も一緒にチームを組んで行われる。時には女の子5人対成人男性5人なんてこともあり得る。結果的にはどうしても体も頭も成人が有利で勝ってしまうのだけれども、ヒビノカップ特有のダンボールで作るオリジナルゴール、エアキャップで作られるボール、前半後半でゴールの位置を変えても良いというルール、の中に、成人男性を女の子チームが負かす余地が残されているように思う。
自分たちに有利で、相手に不利なゴールとボールを考え、同じく自分たちに有利で、相手に不利なようにゴールを配置し、グランドを使っていくことを考える。
今回の千代田区はサッカークラブがなくてとにかくサッカーがやりたくて集まった子達が多いとミニサッカー大会という認識を破りづらくなってしまうのかもしれないけれど、あくまでサッカーではない、アートの中にある何か、みたいなふうになっていくとまた少し違う気がする。
ルールとは何か、勝つために自分たちに必要なことは何か、サッカーとは少し違うと捉えることの柔軟性が問われる。


そんで、最後の試合、後半終了30秒前にドラマは起きた。0−0のまま迎えた後半。
チーム内で年長者であるけんととひでは、練習ではボールを触りたがるのに、試合になるとボールに対する執着心がなさ過ぎる。ボールと関係ないところを走り回り、全く積極的なプレーがない。そんな2人に対して、もっとボールに突っ込め!と指示。そしてフリーのひでにボールが渡る。「ひで!そのまま行け!!」相手ゴール付近からひでにドリブルを指示。左サイドからボールを運び、一気にゴール前中央へ!シュート!!
相手チーム制作の球形ボールは、横に倒されたコの字型ゴールを通過!!!!!
そしてその直後、日比野さんによりホイッスルは吹かれた。試合修了!
キノコレッドダイヤモンズ悲願の初勝利!勝ち点3!
思わず5人は駆け寄り抱き合った。

d0089386_10392039.jpg


ここからはゴールを決めたひでの弟、キノコズ最年少たつのり撮影の写真。
子供の創造性がどうとか、自由な発想がどうとか、大嫌いな言葉だけど、今年の春から小学校にあがるたつのりの写真はうまい。下手な藝大生よりよっぽどうまい。
きっと狙ってないからだと思うけど、こうゆう可能性を伸ばしてあげられる様なことが美術とか図工の授業にできなければいけないんだと思う。
今回のようなヒビノカップは、日比野さん曰く、「図工と体育の間」。
絵を描くことだけが美術ではないし、体を動かすことだけが体育ではない。
しかも面白いのは、千代田区が管理している今回の会場になった旧錬成中学校は、文化の発展のために使われることになるらしく、今回使ったすばらしい屋上グラウンドがあるにも関わらず、スポーツ利用は禁止らしい。どんな線引きだよ、と思わず言いたくなる。というさすが行政、頭が固い。そんな千代田区に対して、今回のヒビノカップはとてもいいメッセージになったんじゃないかと思う。まあでも政人さんのところに打ち合わせに来ていた千代田区の役人は、半ば無理矢理屋上の様子を見させられて、それでも子供達が楽しそうな様子を見て、少しは堅さもほぐれたようだから、きっと柔軟な方なんだと思う。でもイベントを見ようとしないというのもさすが行政と言った印象があるね。
おっと愚痴ってしまった。愚痴はこの辺で。
さてたつのり写真館。
こんな風に構成してしまうところが、大人の悪いところ。

d0089386_1048392.jpg

d0089386_10485666.jpg

d0089386_1049111.jpg

[PR]
・ブログタイトルを
House of YUTAnakajimaから
ジョイフル中島!!に変更しました。
登録変更よろしくお願いします。

・プロフィールを更新しました。
読み物としても面白いプロフィールを目指します。
アドバイスお願いします。
[PR]
EWI2007の展示が修了しました。
1枚もDMを配っていなかったのに、来てくれた方、本当にありがとうございました。

今回は展覧会テーマが「通態するアースワーク」。
とのことだったので、自身の展示テーマをロバートスミッソンの“ノンサイト”に設定し、
サイトのコンテクストをコミュニティーに置き換え、
展覧会(社会というコミュニティー)に持ち込んだ時に、それが二次的な場の共有につなげることができるかどうか、という実験的な展示でした。

d0089386_1247763.jpg


今回は先日のブログでも紹介した、カレーパーティーをモチーフにしました。
内輪ノリのパーティーを、共有できるか!

d0089386_12481911.jpg


さて次はいよいよ卒業制作。
6月にワークインプログレス。
それまでに、いくつか作りたいけどね。
ネタ探し的な作品も含めて。

そんな感じ。
次回のブログは29日に更新します。多分。
日比野さんのワークショップ関連です。
乞うご期待。では。
[PR]
アースワークインターナショナル2007

3月21日(水・祝)
10:00-20:00

ヒルサイドプラザ
http://www.hillsideterrace.com/
(東京都渋谷区猿楽町29-10)

EWI展示:
原田明夫
宮岡和寛
近藤美智子
中島佑太
峰野加奈子
山田健二


■開催趣旨
地理学者のオーギュスタン・ベルクは、日本における自然と空間の象徴的な文化装置を分析し、そのダイナミックな生成の場を「通態」として概念化しました。「通態」は、自然と文化、主観と客観、個と集団が同時に成立し感覚と技術、美意識と倫理、生態学的思想が緊密に結びついている、と指摘し、今日のグローバル化に対応する方法論として評価しています。アースワークインターナショナルフォーラムでは「通態」をキーワードとしてアースワークをはじめ自然と空間に関するアートの可能性を探ります。
グローバル経済と文化の均質化が進む中で、めまぐるしい情報化と産業構造の激変に直面する現在、日本の風土論を検証し、今日のアースワークの可能性を探る場として、このフォーラムを日仏からの参加者により開催いたします。


■フォーラム
「通態するアースワーク」
日本の若いアーティストによるインスタレーション展示と共にフォーラムが開催されます。
日時:2007年3月21日 18:00〜19:30(作品展示は10:00〜20:00)
会場:ヒルサイドプラザ 入場無料 

パネリスト:
中村良夫(風景学・東京工業大学名誉教授)
カトリーヌ・グルー(インデペンデント・キューレーター・クリティック)
森 司(水戸芸術館・学芸員)
たほ りつこ
(モデレータ)(アーティスト、東京芸術大学先端芸術表現科教授)
プレゼン:
原田 明夫(彫刻家、東京芸術大学美術研究科・博士課程大学院生)
[PR]
小学生の時、
「う○こ味のカレーと、カレー味のうん○、食べるならどっち?」
という選択を迫られて、爆笑の渦に飲み込まれたことを覚えている。

今(割りと)大人になってみて、
その選択をしようと思うと、
どう考えても○んこ味のカレーを選んでしまうのは、
味はう○こでもものはカレーだから、きっと健康上問題はないと考えるから。

ん?でも待てよ。
例えばそれを本当に食べるとして、
そこにうん○味のカレーがあるとしたら、
作った人はう○この味を知っている。
つまり、うん○を食べたことがあるということか。

でも一番すごいのはさ、
う○この味を再現しながら、
それをカレーにするというテクニックを持っていることだよね。


この話しをオチに持って来るのは失敗だけど、
カレーの味をうんこにできる人も十分すごい。
[PR]
同級生を集めてタイ風カレーパーティーを行いました。
d0089386_1841581.jpg


どうも僕は今年学部の4年生になるらしい。
ということは同級生とは知り合って3年も経ったという計算になります。
うちの大学は少数制なので僕の学科は1学年30人。
クラスというのはなく、ずーっと30人。
(厳密に言うと休学や落第やらで実は40人ほどいるマンモス学年。そういえば出身した小学校も中学校もマンモス校って言われてたな。行く先々が溢れ返ってます。)


ということで前回の佐藤家プロデュースに続き、立て続けですがパーティーネタです。

3年間同級生をやってますが、あまりみんなで集まる機会というのがないんです。
大学生だからよく呑むでしょ?って聞かれますが、全くないと言っても過言ではないほど飲み会というのはありません。僕もタバコが嫌いだから飲み会というのにはあまり行きたいとは思わないのですが、それでもみんなで集まるのは好きなのに、なかなか集まる機会がない。
じゃあどうすればいいのか。ということで場を開いている、というわけです。

前回の佐藤家プロデュースの時も同様に、僕はこのパーティーをアーティストとして開いているわけではありません。あくまで佐藤家には行きたかったから、カレーパーティーはみんなで遊びたかったから、というのが初期動機です。
ただ、作り手としての意識は常に根底に持っているわけで、佐藤家の場合は、それを
『佐藤家の行事をアーティストがプロデュース』という風に銘打つ事で密かに作ることの面白みを感じているし、
それがいわゆる「作品」というものにできたら、と思っている事は事実。

今回は今後の活動のための実験的要素がたっぷり盛り込まれた展開があります。
乞うご期待。
[PR]
川西雪祭りの帰り道、ついでによった新潟在住の佐藤さん宅。
東京に向う車の中で気が付いた、ここは練馬まで260km。

佐藤家のママは秋田出身のもちろん秋田美人。
なので秋田名物きりたんぽはもちろん得意料理!
というのはウソで、ママもほぼ初めてということらしい?

ということで家族全員で初めて作る秋田名物きりたんぽ鍋作り!

d0089386_18375441.jpg



炊きたてのご飯をすり鉢を擦る棒みたいなんで潰し、半分餅状にします。
できた熱々のご飯を、なんと四角い棒に付けていくのです。
丸い棒ではなく、四角い方が取りやすいんだとか。


そしてなんと炭を起こし、炭火焼ききりたんぽ!!
しかし、これがなかなか焼けない。
囲炉裏で20分という事なので、手持ちで炭火で20分はきついので、雰囲気だけ味わったところで、ガスコンロへ。
すぐ焼けた。
文明の利器バンザイ。

そして、鍋はと言うと、鶏ガラで出汁を取り!ごぼう、水菜、なんと比内地鶏!!
きりたんぽがメインだったので、あまり肉を褒めるとなーとなんとなくノーコメントだったのですが、比内地鶏相当うまかった。脂身がしまっていて、脂っこくなくて美味。
ごぼうも一人暮らしではなかなか食べられないものだし、とてもおいしかった。
水菜はなんと秋田では根も食べるらしいのですが、今回は秋田県産ではなかったので根はなし。残念、これは次回に持ち越し!

そうなんです。次回があるんですよ。
来年だけどね。
あまりキャンプはしない家族らしいので、きっと家の外で炭を起こし、きりたんぽを焼くなんてないことでしょう!
けっこうキャンプをやっていて中島家でさえそんなことはない。まあ普通ない。

なのでの手作りきりたんぽ鍋は佐藤家の名物行事として年1回東京から学生を招いて行う事にしましょう。
きりたんぽを手作りすることだって、きっと秋田の人だからと言ってやったこととあるわけじゃないみたいだし、名物を良い形で残す事にもつながるかもしれないし、これはなかなか良い行事です。

来年の新潟にはきっと雪がある事でしょうから、きりたんぽは雪にさして焚き火で焼けたらロマンチックですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中島としてはこうゆうのを作品と呼びたいです。
作品を作れなんて誰も言っていないから、作品と呼べるものをわざわざ設定する必要はないのだけれども、自分を納得させるためにね。

あ、でも勘違いしないでもらいたいのは、新潟佐藤家を訪ねたのは、作品制作のためではありませんよ。
行きたいから行ったのであって、きりたんぽはノリです。
でもそうゆう場を作れた事は嬉しい事ですね、作り手として。
[PR]
3月3日にたほ研究室で関わっている新潟県十日町市川西町でワークショップをやることになりました。
お題は「キャンドルアート」

模様とか、立体にするというアイデアを考えて欲しいとのこと。
僕は川西の方達にものすごくお世話になっているので、また行って色んな形で関わっていきたいので、引き受けたけれども、「ワークショップ」という言葉の捉え方がやはりかなり違うな、と思っています。

そして相手が子供なので、教育的なワークショップを考えました。

やけどをするワークショップです。
キャンドルなので火を扱う事になるので、常に危険が伴います。
しかしその危険を大人が取り払うのではなく、なぜ危険なのか、どのように扱ったら危険ではなく便利なものになるのか、を教えるためのワークショップにしたいと思っています。
そしてさらには子供達にとって、このワークショップを含む祭りが彼らに“地元”に対する愛を育む機会になったらいいなと思っています。

具体的なプランは、スポーツをモチーフにしたいと思っています。
スポーツには必ずルールがあります。
そしてそのルールの裏側には危険が伴っています。
ルールを破れば、大けがをする可能性があります。
でもルールさえ守ればとてもエキサイティングで楽しいものです。

火を使ったやけどをするスポーツです。


ルール///

タイトル//未定

遊び方/
・コート(6m×8m)の両端にゴールエリア(半径70cm程度)、任意のスタート地点Pがある。
・プレーヤーは1チーム3〜5名
・2チームの対抗戦とする。
・1試合前半後半それぞれ2分30秒、計5分。
・攻撃と守備を交互に行う。
・1プレーヤーが1キャンドルを手に持つ。
・相手コートのゴールエリアにキャンドルを置くことで1点を得る事ができる。
・攻撃権を持つチームのみが移動する事ができる。
・攻撃権が有効な時間はホラ貝が吹かれている間だけである。
・ホラ貝が吹き終わると攻撃権が移動する。
・攻撃チームのプレーヤーは守備チームのプレーヤーにタッチされるとスタート地点Pに戻らなければいけない。
・任意のスタート地点Pは各チーム毎に場所を設定して良い。
・キャンドルは床に地面に置いても良いが、地面に置いている間はプレーする事ができない。
・審判はプレーヤーに対し、警告を意味するイエローカード、退場を意味するレッドカードを与える事ができ、危険なプレー、ルール違反をしたプレーヤーにそれぞれ与えられる。
・キャンドルを投げる事はできない。投げたプレーヤーはレッドカードを与えられ、退場となる。
・移動以外に足を使う事はできない。足による攻撃妨害にはイエローカードが与えられる。
・試合中にルールが変更される事がある。

キーワード/
ルールを守る事、ルールを破った時にある危険性、共同体意識
[PR]