<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たほ研オープンラボを行いました。

僕が所属しているたほりつこ研究室の活動を広く公開し、
教員と学生、学生と学生がお互いを知るきっかけになればと思い企画しました。
今回は風景学や、土木学の権威である中村良夫先生を講師としてお招きし、
3月21日に代官山で行われるアースワークインターナショナル2007のフォーラムのテーマになっている『通態』という概念をより深く学ぶために、
中村先生のお仕事を深く知るとても有意義な良い機会になった。
d0089386_121856.jpg


企画自体の構成としては、中村先生のレクチャーを聴いた後、
質疑応答・ラウンドテーブル、そして会場をたほ研究室から取手の駅前に移し、
親睦会を行うという流れ。

年度末ということもあり、来年度研究室を選択する2年生の参加がとても多かったので、来ていきなり知らない先生のレクチャーで(もちろんレクチャーであることは広報してあった)、やはり2年生は少し控えめになってしまっていたようで、ラウンドテーブル等でみんながしーんとしてしまうんじゃないかと心配で、けっこうホストとして自分でも質問を考えていたのだけれども、中村先生はやはりレクチャーのプロなので、藝大生が分かりやすくそして興味を持てるようなとても話しのうまい方で、ラウンドテーブルはけっこう盛り上がった。

その後の親睦会でも、中村先生の周りを学生達が固める形になり、みんな話しに興味津々で、正直本音をいうと、同級生同士での話しももう少し盛り上がればと思っていたけれど、まあこれはこれでいいだろうという感じ。

第2回もやるので、よろしく。
来年度は八谷和彦さんをぜひ藝大にお招きしたい!
d0089386_132254.jpg




記録写真については、今アップしている写真は中島がレクチャー中に自分のデジカメで撮ったものですが、それはあくまでブログ用で、正式な記録写真は同級生で写真をメディアに作品制作をしている学生にお願いして撮ってもらっています。

最近は活動の二次メディアでの記録には力を入れていて、前回のラジオでも、ポッドキャスト用の録音はもちろん、予備用のMD録音、VX2000での映像撮影、一眼レフデジカメによるスチール撮影を行っています。
今回のオープンラボは、僕個人の作品というくくりではありませんが、一貫して持っているコンセプトに基づいた活動と言えます。そしてその活動の記録として、前回のラジオと同様に、同カメラによる映像撮影、同カメラによるスチール撮影を行っています。



当面中島の活動(いわゆる作品制作)において、目に見えて分かりやすい形で残って行く様な作品を作る予定は今のところありません。
活動という言葉に集約されるように、何かをやります。
無理矢理に作品という言葉を使うならば、僕が何かをやり、または場自体を設定することにより、その場が楽しいものに変わっていったり、といったそこにある共有された楽しさみたいなものを作品とでも呼べばいいと思います。

なのでそこで重要になってくるのは、曲がりなりにも1年後に卒業展覧会という展示をしなければなりません。その時に僕がずっとそこにいて、何かをやっているというパフォーマンス的なことは、割と何度も続いていくとテンションも落ちるし、飽きるし、この先それを続けていくことを考えると辛いし、何よりも展示をするための行為になっていくことこそ避けるべきことだと思います。
そうなった時に重要なのが、何が楽しかったのかを伝える手段です。
そこで最近二次メディアによる記録にこだわっていて、それを展示し見せるということを考えています。



まだまだ模索中の新たな活動の片鱗でした。
[PR]
d0089386_0211775.jpg

[PR]
いよいよ明日からです。
DM等は後から作ります。
今回は特にお客さんを招待していませんが、
ご興味がある方はぜひ開場に足をお運び下さい。


d0089386_18574352.jpg

(designed by YUTAnakajima © YUTAnakajima all rights reserved. )

nodeFMーお話しする美術館ー

1月20日 12:00〜18;00
19時より別会場にて交流パーティーがあります。(料金制)
1月21日 10:00〜20:00

前橋文化研究所
http://frontbridge.web.fc2.com/

前橋で美術館を作りたい。
そのためにはまず、美術館というものに違和感を持ち、
なぜ美術館でなければいけないのか、考えるところから始めなければならないだろう。
美術館の再定義から始まり、前橋にはどんな美術館が必要なのか、
今現在の言葉を残すための、お話をする美術館を仮設ラジオ局の公開録音として発信します。
その後、ポッドキャストとドキュメントインタビュー雑誌としてまとめます。

キーワード/
芸術による地域再生、文化都市と美術館、アーティストの職場と仕事

トークゲスト/
白川昌生
たほりつこ
明後日新聞社、他
[PR]
僕の同級生が”チーム楽しい“というミラクルなネーミングの会を結成してて、僕はまだその会には入会してないけど、僕も負けじと楽しい。

今回は去年のクリスマスに行った岐阜の名産物でパーティーです。
一緒に行った同級生が岐阜に忘れ物をして、それを郵送してもらったら入っていたお土産。

d0089386_1573751.jpg


長良川の水で作ったワイン
漬け物
おせんべい各種
ほうば味噌

d0089386_155552.jpg

とりあえず人数が多いときは鍋かカレー!
今回は鍋がないのでカレー。
量は5人分でぴったり。

d0089386_1592685.jpg


d0089386_20534.jpg


これが噂のほうば味噌。
パッケージの写真では七輪で焼いていたんですが、東京の一人暮らしのマンションでは、そんなのは無理なので、コンロで焼いてみる。

急きょ有り合わせの鶏肉と椎茸とネギを入れたが、大正解!!
思わずみんな白いご飯をリクエストしてしまうほど。

ワインも良かった。チーズとクラッカーでおしゃれにワインなんてのも、たまにはいいね!

みんなでゆっくり飲んで食べるとなんでもうまいし、楽しい。
大げさなイベントではなく、日常的な楽しみとしてこれからもやっていきたいね。
大学生だし。

忘れ物をきっかけに、岐阜の名産を堪能し、忘れかけていた岐阜を思い出す。
[PR]
1月5日に幼なじみがCDデビューしました。
インディーズデビューです。

MANIAC SEA PLAY
(http://www.geocities.jp/maniacseaplay/)


d0089386_1542368.jpg


舞台右側のギターが僕の幼なじみで、このバンドの作詞作曲を手がける吉崎拓也。

全国タワレコとHMVということだったんで、1月6日くらいに行ってみたんだけど、やっぱり発売日すぐにはなかなか出ないようで、また最近行ってみたら、なんとこんな感じで置いてあった。
名前がマ行だから、ミスチルの近くで、しかも正面が表に出てるから(?写真参照)、扱いとしてはミスチルと一緒。

d0089386_15442866.jpg


みなさんよろしくね。
[PR]
先日、と言ってももうすでに1ヶ月前の話になってしまうが、ワークショップの映像の編集作業にやっと取りかかった。
ここまでこんなに時間がかかった理由は、前から欲しかった外付けハードディスクの購入を考えた期間と、DVテープを撮影者から受け取るまでの時間と、映像を取り込むために外付けハードディスクの機能と戦っていた時間が無駄に長かったからだ。

ちなみに外付けハードディスクは、別の目的で立ち寄ったヨドバシカメラで、衝動買い。
絶対に自分には必要のないように思える500GBを冷却装置付きUSBメモリのおまけ付きで表示価格より安く値切れたので、即購入。
カード一括払いの大人な買い物。

しかし、今回初めて自分の活動を人に撮影してもらったのだけれど、色々反省した。
なんか映像というものに対して興味がなく、記録とかどうでもいいと思っていたので、あまり細かい指示もせず、とりあえず撮ってくれるという人がいたので、じゃあお願いしますくらいのノリで、その人から受け取った映像が実はあんまりうまくなくて、ほぼ初めて映像を編集する自分には、そうゆう映像を編集するのは極めてレベルが高いように感じてしまう。

あとで文句を言うんなら、最初から指示してないとダメだし、そうゆう問題ではなく、自分の認識の甘さを痛感した。
次回からは記録には細心の注意を払いたい。
撮影者とはあくまで仕事の関係でやってもらって、せめて交通費くらいは支払おうと思う。
今回は内容もあまり決まってないワークショップだったから、撮影者が途中でいなくなってたりして、わざわざ会場の外まで呼びに行く様なシーンもあって、後で見てみると欲しいシーンが切れていたりして、かなりショック。
手ぶれもひどくてちょっと酔った。
どうしよう、実は編集けっこう誰かにやって欲しい。

次回は3月21日に展覧会があって、そん時も映像の撮影が必要になると思うんだけど、そん時こそはかっこいい映像を撮ってもらいます。
[PR]
今日は1日母と買い物。

母校である中学の近くにある床屋。

d0089386_097100.jpg


今までこの床屋があることは知っていたけど、これは21年群馬にいても気が付かなかった!

d0089386_095893.jpg


秋田美人は寒さが作ると聞いたことあるけど、
やっぱ上州男顔は上州名物空っ風が原因か?
だとしたら肌カサカサ。


今日は最近できたイオンの高崎店に行ってみた。
今日はさすがに混んでないと思ったら、とうとう巻き込まれてしまった。
今まで遠巻きから観てバカにしていたイオン渋滞。

d0089386_0162615.jpg


なかなかたどり着けない逆光のイオンはまるで天竺。

イオンって初めて行ったけど、スーパーマーケットとサティー的な(または群馬で言うとベイシア)的な服屋が集まってるんだと思ってたけど、なんとけっこう若い世代向けで、以外に買い物できちゃいそうな雰囲気。
目的は無印良品だったんだけど、フランフランもあって、ムラサキスポーツやコムサ、あとは女性ものはけっこう充実していた。
しかし、ほんとに混んでた。駐車すんのに、空いてなくて取り合いだからせかせかしちゃう…

なんと駐車スペース3,300台!

敷地面積:122,049平方メートル!!

(参照/http://aeon-takasaki.com)

なんでイオンとかみんな行くんだろうって思ってたけど、以外にも行きたくなる環境があるなあと思ってしまいました。
駐車場の問題さえクリアできればね。


そう言えば昨年末に南船橋のIKEAにも行ったけど、
ここも似た様な感じがする。

d0089386_0174190.jpg


(写真の構図も似てるね!)

ここはスウェーデンの家具メーカーの大型ショッピングセンターであるようで、レストランもちょっと日本とは違う感じで面白かった。
レストランというよりも、カフェテリア?学生食堂の様なノリ。
まさに北欧という感じで、スキー場のレストランに近い!

でも料理は安っぽいけどけっこうおいしくて、プチ海外旅行をしている気分が味わえる。

d0089386_030082.jpg


この倉庫型の店内のシステムをよく理解できぬまま帰って来てしまったけれど、
なんだか北欧風の倉庫にいるとクリスマスの工場にいるような気分になる。

イオン高崎もそうだけど、1つの街のようにデザインしてある。
まあそんなデザインは全く珍しくはないけど、みんなこうゆうところに集まって来ている。
混んでてもいいから来る神経はよく分からないけれど、雨の日とかはみんなここに来るんだってさ。
みんな室内が好きなんだね!
俺のやってるピクニックをする建築とか、言葉だけだけど、野球をするための建築とかって、これと同じだ。
みんな外に出ればいいのに、一度家を出たら、天井に空が描いてあってストリートがある室内をまた目指す。

今ちょっと探してみたんだけど、見つからなくて、こんな写真しかないのだけれども、

d0089386_0531566.jpg


写真の中央上にある緑色のマークがイオン高崎のマーク。
シンボルは木。

木って外に生えてるのに!

なんでもホームページよると木を植えているらしい。

木をシンボルに扱った、室内型街並ショッピングセンター!
面白いっすね。
[PR]
ブログをご覧のみなさま。

あけましておめでとうございます。
おかげさまで無事に22回目のお正月を迎えることができました。
今年も今まで以上によろしくお願い申し上げます。

今年はいよいよ学部の4年生になりますので、美大には卒業制作が控えております。
2007年度は1年かけての卒業制作と、怒濤の1年が予想されます。
このブログにて、卒業制作の経過報告を逐一してまいりますので、
ぜひご高覧頂きたい所存であります。

それではみなさま良いお年をお過ごし下さい。
謹んで、新年のご挨拶とさせて頂きます。

2007年

中島佑太
[PR]