佐藤家プロデュース!!2年目

3月8日9日の話です。もう一ヶ月以上も経ってしまいました。
お待たせしました。


そして2007年3月に行われた『佐藤家プロデュース!!』が今年も行われました!
いよいよ佐藤家でのプロジェクトも2年目に突入です。
今年はまた行けるかな??

佐藤家名物・冬メニュー『手作り炭焼きりたんぽ』

d0089386_155752.jpg


今年は大きく参加メンバーが変わりました。
佐藤家テーマソング『佐藤家サンシャイン!』の作曲を担当した首藤健太郎君がまた左藤家に来てくれました!
そして今回の目玉は小学生2人!
いつも撮影を担当してくれている八幡亜樹さんと、その弟の廉太郎君小学校3年生。彼には卒業制作のワークショップでも協力してもらいました。
そしてヒビノカップin水戸で共に優勝を勝ち取ったチームメイト、海藤空君です。
彼は佐藤家と何回かあったことがあり、暸と同級生です。

前回スチールを担当してくれた野口さんはなんと熊野のレジデンスプログラムにて、目下作品制作中とのこと。松本さんはベトナムに行っているようで、みんな大忙しの3月です。



さて、今回のきりたんぽ作りの最大のポイントは、“火起こし”。
昨年は諸条件により、あまりうまく行かず、結局ガスコンロで焼くことになってしまったので、今年こそは!と佐藤家のパパが1年かけて研究をしてくれました。
さてその成果は!!

d0089386_164138.jpg


どうです?この美しい炎!!
1年あればなんだって出来るようになるってことですね。


さてこちらはキッチンママ部隊の様子。

d0089386_16145396.jpg


昨年は残念ながらお目にかかれなかったセリの根!
今年は登場してくれました。
さてお味は??

d0089386_16122495.jpg


きりたんぽってご飯を潰すだけだから意外と簡単なんだけど、ちょっとテクニックがいるのはこのきりたんぽ用の四角い棒に潰したご飯を巻き付けるこの作業。
炊きたてのご飯はやけどする程熱いし、なかなかうまく巻き付けられない。みんなボトボト落っことしながらの苦戦です。

d0089386_16503776.jpg


今年は佐藤家の庭で火を起こした。
ちょっと寒いけど、火にあたりながら、ビールを飲む。
火はとても不思議な雰囲気の空間を作る。ましてや今回は、みんなで作ったきりたんぽを焼くための火。しかも1年越しの夢の火(笑)
何も変わっている事はない風景だけど、どこか特別な場になっていく。
特別な場、特別な感動を産み出すことが、今のモチベーションだ。
"作品"というのはまだちょっと分からない。

d0089386_16284862.jpg


きりたんぽは思ったよりも早く焼けた。
ちゃんと火のついた炭火の力は偉大だね。

d0089386_16312012.jpg


この味は、まさに忘れられない味。
そして、また会いたい味だ。


最近自分の制作スタイルを見直している。
ワークショップという方法についても、必死で考えている。
この佐藤家での一連のプログラムでも、ワークショップのことを考えているけれど、本当はそんなことどうでもいい。ワークショップとはただの方法のことで、そんなのはいくらでも切り捨てて考えるべきだ。
本当に重要なのは、僕自身が佐藤家に行きたいと思っていること、佐藤家のまたこの味に会いたいと思っていること、今回のメンバーがまた来年も行きたい!そして佐藤家がぜひまた来てね☆と言ってくれること。その動機を作ることが、僕の役割なのではないか。
[PR]